セレニアは通販 個人輸入で手に入ります。膵炎や乗り物酔い、抗がん剤の副作用、肝機能障害による吐き気 急性嘔吐に用います





ホーム | 犬用医薬品 > 酔い止・吐き気止セレニア 小型犬 16mg
商品詳細

セレニア 小型犬 16mg

価格: 3,990円
数量:
犬の急性嘔吐(膵炎など)、乗り物酔いによる嘔吐、抗癌剤の嘔吐に用います。


【内容量】  小型犬用 4錠


【形 状】  錠剤


【成 分】 1錠中 クエン酸マロピタント16mg


【日本での商品名】 セレニア


【特 徴】

クエン酸マロピタントはニューロキニン(NK1)受容体拮抗薬で、中枢神経系の物質Pの薬理作用を阻害し、犬の急性嘔吐、乗り物酔いによる嘔吐の制吐剤として用います。

研究によれば、乗り物酔いの予防は93%の効果があるということがわかりました。

また特筆すべきは抗がん剤(シスプラチン)の副作用の嘔吐予防効果が95%もあるという研究報告です。

今まで、何をどうしても抑えられなかった抗がん剤の副作用で嘔吐に困っているケースにも期待がもてます。

抗癌剤の副作用だけでなく、膵炎・肝機能障害・胃腸疾患など今までプリンペランで抑えられなかった嘔吐も、セレニアで抑えられる可能性もあります。

その他、代謝性疾患・腎機能障害・糖尿病・脳疾患・薬剤による副作用などの嘔吐も抑えます。

非常に優秀な吐き気止めとして、今後の活躍が期待される新薬です。



【使用例】

●乗り物酔いによる嘔吐の予防

体重1kgあたり8mgの量を1日1回、2日間の連続使用までできます。
外出の1時間前までに服用してください。
もし、嘔吐が起こった場合は、再使用はしないでください。
効果の継続時間は少なくとも12時間です。早朝の外出の前夜に使用することができます。


●急性嘔吐の予防

最少使用量は体重1kgあたり2mgです。
1日1回の使用で、連続して5日間まで使用できます。
嘔吐の予防には、1時間以上前に使用することが重要です。効果はおよそ24時間続きます。



【投与方法】

必ず服用の約1時間前に軽い食事を与えるようにしてください。

空腹時に服用すると高い確率で嘔吐が起こりうるという報告がありますので、空腹時の使用を避けてください。
もし、外出前に嘔吐が起こった場合には、再使用を保留してください。

セレニアを餌に混ぜて与えることはしないでください。錠剤の分解が遅れてしまい、効果が出るのも遅れてしまうからです。



【注 意】

●体重1kgあたり20mgを超える過剰摂取では、摂取に伴う嘔吐、唾液の分泌、水様便などがあります。

●生後16週齢未満の子に投与すると重篤な骨髄形成不全が起こります。幼齢には決して投与しないで下さい。年齢には充分な注意が必要です。

●セレニアは非鎮静型のものです。鎮静が必要な場合は使用しないでください。

●主成分のマロピタントはカルシウムチャンネルと密接な関係にあるので、カルシウムチャンネル阻害剤とともに用いることはできません。

●セレニアは心臓病にある犬、あるいはその傾向にある犬に対する使用には十分な注意が必要です。

●主成分のマロピタントは血しょうタンパク質と強く結びつき、他の結合薬と競合する可能性があります。
反作用のリスクとしては、低蛋白血症・蛋白結合力の低下(老齢犬)がありますので注意が必要です。。

●薬を飲ませた後は犬の様子をしっかりと見ていて、飲み込んだかどうかを確認してください。

●投与の際は、事前に獣医師の指導を受けてください。



※この商品は取寄発送となります。お届けまでに2週間〜3週間かかります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス